歪み調整

Stap2 姿勢・筋肉・内臓の歪みを整え健康な身体に

歪みを直し肩こり,腰痛,背中の痛み,自室神経を整え,不眠,頭痛,イライラを解消

人の身体は日々の生活の中でどうしても『疲労』してしまいます。身体が疲れたときは、まず何よりも栄養補給休息です。食事をきちんとして、枯渇したエネルギーを補給し、夜はきちんと眠り、いい睡眠がとれれば身体の疲れは回復します。しかし、このバランスが崩れると身体に歪みが生じてきます。

まず、筋肉などで疲労物質が産生されるのですが、血液によって内臓(特に肝臓・腎臓)に運ばれて分解されます。

しかし、この肝臓や腎臓もずっとフル稼働することはできません。内臓も同様に疲労してしまいます。肝臓や腎臓が疲労してくると、身体は内臓の負荷を少しでも和らげる環境をつくろうとして身体に歪みを生じさせるのです。

このサイクルがどんどん行われると身体はだんだんと前傾姿勢となるため、首に負担がかかり、自律神経系にも歪みが発生します。その不可を補正するために、また別の部分に負荷がかかり、筋肉も固くなります。

 

更に、コリなどの筋肉の緊張が現れ、体液の循環不全が引き起こされます。そしてある日突然『痛み』として身体に現れるのです。

このサイクルの中では、すでにセロトニンを活性することにより、自律神経のバランスや身体全体の歪み、循環不全に対しての施術は終わっていますので、全体のバランス調整ではとりきれない、個々の症状や不調の原因となっている部位にアプローチして

姿勢の調整』・『筋肉の調整』・『内臓機能の調整

を行うことにより歪みを整えていきます。

これらを整えることによって、自身の身体の中を治そうとする力『自然治癒力』がさらに高まっていき、身体の歪みが整い、肩こり腰痛などの『痛み』や不眠やイライラなど自律神経の乱れによる『不調』が解消されていきます。

自然治癒力が高まると身体の歪み、自律神経の乱れ、肩こり腰痛が解消